個人情報保護に関する基本方針


 塩野義製薬(会社)と塩野義健康保険組合(健保)は、「シオノギ健康宣言2014」に則り、会社の基本方針である「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」を実現するためには、従業員と従業員を支えるご家族が健康であることが何よりも大切であると考え、両者一丸となって従業員とご家族に具体的な健康保持、増進施策を行っていくことになりました。
 つきましては、本施策実施にあたって会社と健保の間で健康情報(個人情報)を共同で利用しますので、以下にその取り扱いについてご連絡いたします。

1. 健康情報(個人情報)を共同利用する目的
@ 健康診断データをヘルスアップポイント制度のポイント付与判定に利用する。
A レセプト情報と健康診断・特定健康診査・特定保健指導データの突合分析により、疾病対策を立案・実施・効果検証を行う。
  2. 共同利用する健康情報(個人情報)の項目
@ 労働安全衛生法第66条に基づく健康診断と、高齢者の医療の確保に関する法律第18条〜第25条に基づく特定健康診査、特定保健指導のデータ
A 特定健康診査が主たる対象としている疾病の範囲(糖尿病、高血圧症、脂質異常症およびこれらに起因する合併症)におけるレセプト情報(医療機関受診実績と調剤実績のみ)
  3. 健康情報(個人情報)を取り扱う人の範囲
会社: 各事業所の産業保健業務従事者(産業医、保健師、看護師)
人事部や上長など、「各事業所の産業保健業務従事者(産業医、保健師、看護師)以外の者」に健康情報を伝えることはありません。
産業保健業務従事者における秘密保持を厳守します。
健保: 常務理事、事務長、保健事業担当者
  4. 健康情報(個人情報)管理責任者の役職
会社: 人事部長
健保: 理事長
  5. 健康情報(個人情報)の開示などの請求手続きについて
会社と健保で共同利用する個人情報は、「個人情報の保護に関する法律」(2003年法律第57号)第24条第2項、第25条第1項、第26条第1項、第27条第1項、同条第2項の規定にもとづき、本人から正当な請求があった場合は内容開示・利用目的通知・訂正・利用の停止処置を行います。
ただし、開示については、以下のいずれかに該当する場合はできません。
@ 人または第三者の生命、身体、財産その他の権利権益を害するおそれがある場合
A 事業主および健康保険組合の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
B 他の法令に違反することとなる場合

また、利用の停止を行った場合は以下を実施します。
@ 健保が有するレセプト(診療報酬明細書・調剤報酬明細書)情報は会社へ提供しません。
A 会社が有する社員の健康診断結果(特定健康診査データ除く)は健保に提供しません。ただし、その場合は健保が実施するインセンティブポイント制度における健康診断結果に基づくポイントの付与も実施できなくなります。
  6. 実施時期
2015年8月1日より
  7. その他
健康情報(個人情報)の内容開示・利用目的通知・訂正・利用停止、その他苦情等についてのご相談は、以下にお問い合わせください。

人事部労政担当
内線:7211-311 外線:06-6209-6892
塩野義健康保険組合 個人情報取扱責任者
内線:7544-371 外線:06-6209-6917

戻る閉じる


塩野義健康保険組合