もっと詳しく

●医療費助成制度について

 医療機関で受診した際、医療費の3割(未就学児については2割)が自己負担となりますが、医療費の助成制度の適用を受けておられる方は、その自己負担分等を国・都道府県・市区町村が負担するという制度です。
 当組合では、自己負担額が2万5千円を超えたもの(1カ月、1件ごと。高額療養費は除く)に対して、本人には一部負担還元金として、家族には家族療養付加金として、自己負担額から2万5千円を控除した額を給付していますが、助成制度の適用を受けておられる方は、自己負担分を市区町村等が負担しますので、当組合規約により一部負担還元金ならびに家族療養付加金は支給しません。

 助成制度は都道府県・市区町村の条例によって定められており、対象者・助成内容は各々異なります。不明のときは都道府県市区町村の担当窓口にお問い合わせください。

●健康保険組合への届出

 「医療費助成制度届出書」を健康保険組合へ提出してください。

注意

転居や制度の変更により医療費の助成制度受給資格に変更が生じた場合は、健康保険組合へ必ずご連絡ください。
一部負担還元金・家族療養付加金支給後、医療費助成制度を受給されていることがわかりましたら、返金していただきます。

閉じる