もっと詳しく

 平成20年4月から後期高齢者医療制度が創設され、75歳以上(寝たきり等の場合は65歳以上)の人はすべて後期高齢者医療制度に加入することになりました。
 したがって、被保険者が75歳になられた場合、被保険者が健康保険組合の加入資格を失いますので、被扶養者も同様に健康保険の加入資格を失い、他の医療保険に加入しなければならなくなります。また、被扶養者自身が75歳になられた場合も、後期高齢者医療制度の加入者となりますので、健康保険組合の加入資格を失います。

閉じる